アリガトありがと
我が家の 東京タワー物語   FC2リンク、コメントで、気軽に、お声掛けください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろな出来事(妻感情の波、夫の病)

右のクリック募金ご協力よろしくお願いします
(上のクリックで、、、もそうです)
(重点、ミャンマー、骨髄バンク、九州沖縄)


2日空いた
PCの再構築が遅れた


ダイジェスト版、妻と夫の闘病記





23日日中、寂しいからストレス溜まって間食する、
とのメール受信につき、「だめ、あまり食べるな」と返答
19時頃、一種個性入れ替わりながら入電、
2日おき面会を夫主張するも、がんばれなくなるとの事
夜半には、
「ほめてくれないのなら、頑張りまくって死んでやる」
メールが来る
ここで、家族の心得
「動揺しないこと、高ぶった感情は収まるまで収束する事」
「そのとき安心感を与えること」
そのような形でメール返信、
未明、釈明のメールが来る


24日
実際、面会すると、また努力で進歩が見られる
夫内科診察後「ストレスの半分は私だね」とか
「○○は、自分で抱え込むから、頑張らなくてもいいよ」
とか、ねぎらいの言葉が出てくる
実際に、病院でも、「ほめる」実践をしてくれていて
ここで、放置しても得策ではなく、
精神療法的には、毎日面会も、「共依存」にならなければ
OKだと考え、時間を短縮して、毎日訪問することにした
前向きに、少しづつ前進


ちなみに、日中の投薬変化に、妻も気がついていなかったらしいが
デプロメール(ルボックス)廃止
パキシル廃止
タスモリン半減
であった
これが本来の姿
うつ、パーソナリティー障害系は
「薬物療法は補助で、家族(共依存遮断)、行動、精神療法が主体」
と考えさせられる
ランドセン系は、今は、いたし方がなし







23日
PC修復および手続き(もうそろそろ退職手続き)系奔走
眠損なって、仮眠で、病院へ


24日
妻の入院先が、私の内科主治医となっている
胃の内視鏡検査
大腸内視鏡は、技師もしくは医者の腕で左右されるが、
胃は、やっぱりしんどい
今回、3箇所細胞検査の為、摂取される


内科主治医の診察、妻同席
主治医いわく、夫の体重減少をしっていたか確認
夫いわく、「あまりはっきりと言っていなかった」
主治医今の検査結果を踏まえ、明確に説明
1、甲状腺の関係は、今後考えない
2、しかし、明確な体重減少には何か理由があるはず
(過去1年で、都合72キロから57キロに減少
 特に、7月前後、ストレスが重なった時期)
3、潜血があったと答える
4、近い過去に、胃、十二指腸潰瘍の痕跡がみられる
5、来週2月1日に
  腹部CT
  尿素呼気試験法による検査(後述)
  肝機能検査
6、感染症、すべて無し
との事
胃がんのわずかな将来的な可能性もほのめかされたので、
ちょっと焦り気味
(タバコを二コレットで止めようか
 ちょうどこの時期にタバコを復活した)


尿素呼気試験法は、いわゆるピロリ菌の検査で
ヘリコバクター・ピロリ
潰瘍の症状の場合、治療は保険適用である


とりあえず、来月初頭には、確定診断
(この時期、医療費の確定申告もあります)


というか、今日の病院会計10000円突破
前回の血液検査と今回の内視鏡検査含めた形である


2月1日が怖い、、、




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

らしんばん

Author:らしんばん


45歳死別独身
千葉県流山市在住
2010年5月16日父親昇天
2011年5月11日妻昇天
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

頂き物

結婚記念日祝い
蒼様より



蒼さんから


FC2以外リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ドナーズネット

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。