アリガトありがと
我が家の 東京タワー物語   FC2リンク、コメントで、気軽に、お声掛けください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄では、軍事基地が無くならないと、戦争は終わらない

表題
沖縄では、軍事基地米軍基地)が無くならないと、戦争は終わらない
H牧師先生と、Y牧師先生と
同じ言葉をおっしゃった御言葉である。


H牧師先生に、28日にお祈り頂き、
Y牧師先生を紹介頂いたので、
29日にY牧師先生に訪問させていただいた。
(※だいぶ過去の記事で句点。は打たないブログと宣言したが
 今回だけは、句読点は通常に打ちます)


お忙しい中、ご自身の先生としての活動をお聞きし
知られざる、沖縄の現状、及び沖縄での信仰の布教の難しさを
お教え頂いた。


このような理由で、教団信徒が訪問する事はめったに
ないそうで(っていうか無いと思う)
Y牧師先生は、お忙しい中、読谷村(よみたんむら)を案内して頂いた


以下写真を掲載


楚辺米軍通信施設(別名象の檻)




楚辺米軍通信施設(別名象の檻)


上陸地点




読谷村米軍上陸地点


シムクガマ石碑




シムクガマ石碑


チビチリガマ石碑1




チビチリガマ石碑1


チビチリガマ石碑2




チビチリガマ石碑2


チビチリガマ入り口




チビチリガマ入り口


チビチリガマ入り口2




チビチリガマ入り口2


金城実さん作品1




金城実さん作品1


金城実さん作品2




金城実さん作品2


金城実さん作品3




金城実さん作品3



チビチリガマ石碑引用


チビチリガマから世界へ平和の祈りを
 1945年4月1日、米軍はこの読谷村の西海岸から
沖縄本島へ上陸した。それは、住民を巻き込んだ悲惨な
沖縄戦・地上戦であった。その日のうちに、
米兵はチビチリガマ一帯に迫っていた。
翌2日、チビチリガマへ避難していた住民約140名中、
83名が「集団自決」をした。尊い命を喪(うしな)った。
 あれから38年後、やっと真相が明らかになった。
その結果、83名のうち約6割が18歳以下の子供たちであった。
その他、2名が米兵の手によって犠牲になった。
 「集団自決」とは、「国家のために命を捧げよ」
「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪過の汚名を残すことなかれ」
といった皇民化教育、軍国主義教育による強制された死のことである。遺族は、チビチリガマから世界へ平和の祈りを、と
「チビチリガマ世代を結ぶ平和の像」を彫刻家金城實氏と
住民の協力のもとに制作した。しかし、像の完成から7ヶ月後、
11月8日、心なき者らにより像は無残にも破壊された。
住民は怒り、遺族は嘆いた。
 全国かの平和を願う人々はそのことを憤り、
励ましと多大なカンパを寄せた。
あれから7年余が経過し平和の像の再建が実現した。
チビチリガマの犠牲者への追悼と平和を愛する
すべての人々の思いを込め、沖縄戦終結50周年にあたり、
ふたたび国家の名において戦争への道を歩まさないことを決意し、
ここにこの碑を建立する。
1995年4月2日 チビチリガマ遺族会


象の檻は、沖縄のほかにもう一箇所ある。
青森県米軍三沢基地管轄姉沼通信所である。


Y牧師先生が着任されてからの布教活動は、
フェイストゥフェイスの繰り返しでしかなかった。
おそらくそれをY先生は、艱難とすら思われなかったであろう。


ヤマトの人間を、今でもウチナーの人たちは、
良く思われていない(かなり微妙な表現にしました)


話は長くなるので、割愛しますが、
(要所固有名詞で検索エンジンで検索すれば、
すべて見れます)


でも、考えるに、教えられるに、
現実を直視する事は、マイナスにはならない。
但し、当事者で無い限り善き流れにする事は出来ないし
仕組みで解決はしない。


沖縄の諸問題(基地存在に関しての葛藤)
同和問題
在日問題


人間が作り上げた原罪は、人間では解消が
非常に艱難なるものであると
Y牧師先生には教えられたと考えます。
主に賛美とともに、Y師に大いに賛美を送ります。


シムクガマで妻がガマに行くのを強行し
ガマで足を滑らせても「自己責任」といったのは
妻の、主からの力。
主に賛美。


最後にシムクガマに関しての記載(抜粋)


その時、ハワイからの帰国者、比嘉平治(屋号蒲恩納・当時72歳)
と比嘉平三(屋号恩納・当時63歳)の2人が、
「アメリカーガー、チュォクルサンドー
(アメリカ人は人を殺さないよ)」と、
騒ぐ避難者たちをなだめ説得して、
ついに投降へと導き、
1千人前後の避難民の命が助かったということです。
(「救命洞窟之碑」建立記念パンフレット参照。)
 この事実に基づいて波平では、
命を救った二人の先輩に感謝の意をこめて
洞窟内に記念碑を建立してあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

らしんばん

Author:らしんばん


45歳死別独身
千葉県流山市在住
2010年5月16日父親昇天
2011年5月11日妻昇天
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

頂き物

結婚記念日祝い
蒼様より



蒼さんから


FC2以外リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ドナーズネット

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。