アリガトありがと
我が家の 東京タワー物語   FC2リンク、コメントで、気軽に、お声掛けください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻帰省

記憶が定かではない
29日か30日に、妻は一度帰宅した
羽田空港で妻は泣いていた
その後、すぐ逢う事になるとは思っても見なかった
スポンサーサイト

テーマ:家族・身内 - ジャンル:心と身体

第4人格表出

19日の夜、何がしかの件で夫が不満を言った


初めて第4人格が出た
えらい剣幕である。爆発!
いま考えると、喜怒哀楽の「恕」を担っている可愛そうな人格
性別はいまだ持って不明ではあるが、
主人格との連続意識はこの時点では、持っているようである


別途第3人格(ISHか?)と基本人格はバックグラウンドで
第4人格戦っているっぽい


妻は離婚しようと言う
夫、ひたすら謝って寝てもらう


翌日起きたら、妻は基本人格だった

テーマ:ボーダー・境界性人格障害 - ジャンル:心と身体

婚姻届提出

2006年4月18日


午後9時半


台東区役所にて婚姻届提出


夫、両親、苗字同じだが併記(判りますよね)
妻、苗字と両親の苗字がすべて一致せず


かくて、夫婦になりにけり。


タイムマシンがあったら、どう助言しようと考えよう?


今は、そのままでも良いかなと思うほど安定はしている

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

証人

知人の柴田氏に、夜、婚姻届の証人になっていただく


後日、柴田氏から、子供の件とか知っていれば証人は
慎重に考えたと言われたが


18日日中には、会社の善き相談相手である田村氏に
証人になっていただく


ここまでは、基本人格と主人格のみ出ていた

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

イースター

イースター礼拝に参加した
墨田区の教会である


牧師先生はとても背中でモノを語られる方
破れた靴下を、縫って履かれている方


夫、妻とも泣く


戦後長い歴史を持つのに、
そんなにきらびやかな教会ではない


きっと、恵まれない人たちへの赦しなのかも知れない


妻は、婚約者と言った
その時点で、流れは決まった

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

愛し合うこと

そのときは夫婦では無かったけれど、
とても愛し合ったと思う


その当時は、性奔放人格も出ていたため、
(第四人格はしかめっ面だったと思う)
なんの問題も無かった
表出もしなかった


でも、泣いている人格もあったかと思うと、
夫はぞっとする

テーマ:壊れそうな心 - ジャンル:心と身体

きさらず

ドライブに行こうと思った


当初は、横浜中華街に行こうと思った


が、妻がきさらずに行きたいと言い出したので、
アクアラインで行って見た


主人格の行動となった。
実母の自宅をうっすら見ながら、
通った高校、
第一結婚生活、
水商売時代の店、


この時点で、生活暦の説明は受けた
主人格から


(多分、基本人格が主人格にリクエストしたのだと思う)


妻の記録には、
辛いけど、今向かい合いたい記憶で、
少しココロの中が片付いたという記載がある

テーマ:家族・身内 - ジャンル:心と身体

国立西洋美術館

何がしか、考える事があり、
マリッジリングを注文した
御徒町である


妻、びっくりしたそうだが、自然な感じがしたそうだ


この時期は、基本人格のみ表出している
一部、主人格が現れていたが、
当時は、そんな事つゆしらず、中度うつ、とヘルニアだと思ってた


西洋美術館に行きたいと言った


妻が東京に居たときは、良く見に言ったそうだ
妻、夫ともクリスチャンである
妻の絵の解釈は的確な物があり、夫も驚いた


妻は、しんどいので悪いけど帰りたいと言った
(とっても、ヘルニアの痛みを我慢していたのだと思うが、
 表出しなかったところはたいしたものだと思う)

テーマ:癒し - ジャンル:心と身体

妻来る

JALの最終便


妻は一便遅れて、特割にも関わらず変更して来た
(千歳で何かあったは知らないが。。。)
何しろ、契約駐車場にとめれず、空港駐車場から突っ走ったら
こけまくったらしい


当初は、まだ夫に自家用車があったので、
それに乗って台東区のその当時の部屋まで行った


その日は何もなく眠った
夫熟睡、妻中途覚醒

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

長電話

4日~6日までは、夫から妻の携帯電話に電話した


で、どうしても逢いたいという
夫も何だか逢いたくなってきたので7日に
妻が来る事になった

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

なごりおしい

オカンと、病院の外出許可を取って、
歯医者等に行った


戻ってきたら、オカンのベッドの上に
教会のパンフレットの裏に、
「オカン、お世話になりました、退院する事にしました」
と妻からのメモ書きがあった


オカン、泣いていた
「娘が居なくなった。。。」


夫はその時、ああ退院したんだなと思い、
携帯メールにて、お礼を妻にメールした


千歳空港で搭乗待ち(夫は結構時間に余裕を持っていく)
をして居ると、メールの返事が来た


退院して疲れていたので寝ていましたとの事
(実際はロヒ1で寝ていた、ロヒ2で寝ていたら
 人生は変わっていた)


お見送りがしたいと言う
面倒でしょ?と言ってみたら、名残惜しいと言う
じゃ、来てください。と返したら、
飛んで行きます。といって、実際すっ飛ばしてきた


時間的に30分、基本人格+ホストフォローで話しっぱなし
だったが、悪くも無いなと思った


問題は、子供の親権を持っている事位かとも
(当時は現在知りえる背景は聞いていなかった)


ANAでボディーチェックするときまで
見えなくなるまで見送ってくれた

テーマ:ちいさなきっかけ - ジャンル:心と身体

出会い、閉鎖病棟、そしてエイプリルフール

オカンがアルコール依存症の断酒治療の為入院した
本来であれば、GWにでも見舞に行くべきだが、
「当初」GWはバンコク・チェンマイ旅行に行こうとしていた
よって、前倒しで有休休暇を月曜日(4月3日)追加して、
苫○牧に帰省した


オカンには、夕方位にと言っておいたが、昼過ぎと勘違いしていて
病棟内では、オカンが心配して大騒ぎしたせいで、
いちいち心配をおかけしました。と挨拶をして回った
(以前のブログ読者の方は、閉鎖病棟と開放病棟の間にその1
 に重複します)


オカンは喫煙者なので、喫煙コーナー(精神科なので喫煙は自由)
に付き合った


そのむかいがわに、チョコンと座っていたのが
「妻」だった


その時、何かの恋愛感情が沸いたわけでもなく、
入院病棟独特の雰囲気の中で、なぜこんなに健常者風の人が
居るのだろう?という疑問の方が先行した


仕事は休職しているらしく、夫が名刺を出すと、
もそもそ、メモ帳に住所等一生懸命書いている
で、くれた
(これは今も、夫の財布の中にしまってある)


その日はそれだけで、なにも起こらない


オカンは、鶏肉が嫌いで、硬いものが入れ歯なので
食べられないといい、夫に食わせる
たまに病院食もいいものだ


この街は、夫の記憶が定かなときから、
変化に変化を重ねた
室蘭よりも良かったはずだが、不景気風が吹きまくる


その中で、変わって居ない風景
苫○牧駅から見える、王子製紙工場と煙突とその煙

テーマ:アルコール依存症 - ジャンル:心と身体

プロフィール

らしんばん

Author:らしんばん


45歳死別独身
千葉県流山市在住
2010年5月16日父親昇天
2011年5月11日妻昇天
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

頂き物

結婚記念日祝い
蒼様より



蒼さんから


FC2以外リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ドナーズネット

リンク

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。